寝るときの注意に関して。



寝るときの注意に関して。

2020年10月30日 09:31更新
メディア掲載情報


10/23のフジテレビとくダネさんで、寝るときの注意に関して、説明されて頂きました。

 

浴槽で入浴して、体の芯から暖まった後、すぐに寝てしまうと。良い睡眠の質が確保できない場合があります。一旦、暖まると、深部体温が上昇します。それが90分前後かけて下がってきます。その時に、入眠へのスイッチが入りやすいからです。

 

手袋、靴下を使用したまま寝ると、身体に熱がこもりやすくなります。

手先と足先は、放熱をして体温調整をしやすくしています。

 

起床時に首が冷えていると、首肩こり、だるさ、頭痛、体の冷えなどが出やすくなります。

首は布団から出てしまいますので、首の冷えに注意しましょう。

 





前へ:«
次へ: »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Blogメニュー


▶Blogトップ

アーカイブ