今回の台風による気象病について



今回の台風による気象病について

【2017年10月22日 7:54 AM更新】


今、日本列島に近づいている台風と気象病に関してです。

秋雨前線が、日本列島にいる時に、中心気圧が925hPaという大型の台風が、合流をする形になってしまいます

そのため、気圧の変化は非常に大きくなります。

 

①台風通過までの気圧低下、その後の急激な気圧上昇に注意が必要です。

②台風通過までの低めの気温、その後の急激な気温上昇。最低でも5℃以上の変化となります。そのため、寒暖差疲労も出やすくなります。

 

お体には特に注意が必要となります。ご注意を。

 

明日10/23月曜は、通常通り8:30から診療を行っております。





前へ:«
次へ: »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Blogメニュー


▶Blogトップ