冷房病・エアコン病外来


現在は年間を通してエアコンを使用していることが多くなっています。
特に温暖化の影響もあり、冷房をつけている時間が長く、一日中冷房の中にいることも多くなっています。

体は周りの環境に対して、体内を一定に保とうとする恒常性という機能があります。恒常性は自律神経によって維持されております。(▶自律神経失調症外来のページを参照

通常は、暑い時には、皮下の血管を拡張して、熱を逃しています。(夏の体内環境)
寒い時には、皮下の血管を収縮して、熱を逃さないようにしています。(冬の体内環境)
これらの判断は、自律神経が調整を行っています。

冷房の中に長時間いることで、夏なのに体の中は冬の環境になっています。
→外の暑い環境に出ると、冬から突然夏に切り替わりますので、自律神経は夏に対応しようとします。ジェットコースターに乗ったようにアップダウンしていまいます。

首こり・肩こり、頭痛、めまい、全身倦怠感、胃腸障害、イライラ、不安、風邪、アレルギーなどの様々な症状が出現してしまいます。

これは、冬に室内の暖房から外の寒い環境から外に出た場合にも、起きてしまいます。

これはエアコンのよる自律神経の乱れだけでしょうか?


そうではありません。

特に冷房病では、直接の冷風などで体が冷えることで下記の段階で症状が起きてきます。

① 手足の冷え(末梢血管が収縮して冷えを感じます):

症状としては手足の冷えが多くなっています。

② 内臓の冷え:

下半身の冷えが、骨盤からまできます。症状としては、胃腸系、泌尿器系、婦人科系などの症状がでてきます。

③ 体全体の冷え:

ここまで来ると、全身倦怠感、めまい、ふらつき、頭痛、不眠、イライラ、不安などより様々な症状がでてきます。

冷え症、冷えで自律神経が乱れて、この2つが冷房病・エアコン病を引き起こしています。

当院には、頭痛、首こり・肩こり、自律神経失調症、気象病等の専門外来で受診されますが、その中には、冷房病・エアコン病の症状を抱えている方が多くなっています。

そのため、冷房病・エアコン病の専門外来を開設することとなりました。

症状など気になる場合は、一度当院にご相談ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加