花粉症・アレルギー外来


花粉症は年々悩まされる方が増えてきています。大人だけでなくて、お子さんにも増えてきております。今年も花粉症の症状で来院される方が増えております。

アレルギーの1種である花粉症は、植物の花粉(すぎが最多で、ひのきやブタクサなど多数あります)に、反応して、くしゃみ・鼻みずなど・目のかゆみ・皮膚のかゆみ・だるさ・風邪っぽい症状などを起こします。

最も多いすぎ花粉症は、すぎの花粉が飛散する時期に症状が出現します。すぎの花粉に接触しなければ、起きることはありません。花粉が飛散する時期は、関東では1月下旬位から2ヶ月程度が多いとされております。すぎの雄花から花粉が飛散し、前年の夏が暑ければ、雄花の花粉が増えるとされています。

当院での治療は以下の治療を行っております。

舌下免疫療法

スギ花粉症とダニアレルギーに対して、舌下免疫療法を行っております。
舌下免疫療法とは、アレルギーの原因を少量から投与することで、体をアレルゲンに慣らし、アレルギー症状を和らげる治療法です。アレルギー症状を治す可能性のある治療法と期待されております。

舌下免疫療法で期待できる効果は、くしゃみ、鼻水、鼻づまりの改善、涙目、目のかゆみの改善、アレルギー治療薬の減量などです。効果は70%の方に見られています。

服用開始前に、問診、診察、アレルギー性鼻炎の確定診断が必要です。当院では血液検査で判定をしています。

適応は、12歳以上の方になります。

○シダトレンは、スギ花粉を原料としたエキスです。
開始時期は、スギ花粉が飛散していない時期(おおよそ5月後半~12月中)となります。

○ミティキュアは、ダニを原料とするエキスから作られた薬です。
開始時期の制限はありません。

この薬剤は、アレルギー症状の有無にかかわらず、毎日、長期間にわたり継続して服用する必要があります。目安としては3年~5年と言われております。

初回のみ院内で治療を行います(副作用が出現しないかを確認するためで、投与後30分は院内でお待ちして頂きます)。

それ以降は、ご自宅で治療を継続してもらいます。
外来通院は、月1回程度です。

↓↓詳しくはこちら
鳥居薬品のアレルゲン免疫療法専門サイトへ

内服:抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬(花粉が飛散する1ヶ月前から内服を始めるのが理想です)、ステロイド薬(症状が強い方に使用を検討します)、漢方薬

点鼻:血管収縮薬は鼻の通りを良くしますが、持続効果が短いです。 抗アレルギー薬の点鼻薬は即効性はそれほどありませんが、アレルギーの程度を軽くする安全な薬といえます。ステロイドの点鼻薬は前2者が効かないときに用います。

点眼:抗アレルギー薬は、抗ヒスタミン作用を主とするもので比較的即効性があるものと、アレルギーに関係する化学伝達物質の遊離・放出を抑える遊離抑制薬があり、こちらは効果が出るまでに時間がかかります。 ステロイド薬は、炎症を抑える効果が強いですが、副作用もあり、第一選択の点眼薬ではありません。

筋肉注射
ケナコルトA
副腎皮質ホルモンです。強い抗アレルギー作用、抗炎症作用を持っており、1本の筋肉注射で、1ヶ月程度の効果が持続します。効果のある方は劇的に良くなります。しかし、副作用として、免疫能低下、満月様顔貌、皮膚萎縮、月経異常等が報告されています。そのような危険性があることから、第一選択の治療薬とはならないことが多いです。

ノイロトロピン
ワクシニアウィルスを家兎(ウサギ)の皮膚に注射し、 炎症を生じた皮膚組織から活性物質を抽出したものです。慢性的な痛みやアレルギーなどに効果があります。副作用の報告は少ないです。ノイロトロピン注射は2~3週程度の持続効果です。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加