肥満外来、メタボリックシンドローム外来


適正体重より体重が増えると肥満と言われる状態となります。
肥満は高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病、夜間の突然死を引き起こす睡眠時無呼吸症候群を引き起こす原因となっています。
肥満を解消すれば、将来の疾病になる確率を下げることができます。

今までの肥満に対しての治療としては、カロリー制限を主体とした栄養指導、有酸素運動を主体とした運動療法がメインでした。
それで納得のいく効果のあった方はそれを続けるのが良いと思います。
それで効果のなかった方は、食事制限が厳しくて継続できなかった、痩せたがリバウンドしてしまった、時間が取れずに運動が継続できない、関節や筋肉など体を痛めてしまったなどがあるのではないでしょうか。

当院の外来では、ご本人さんの生活状況、健康状況に合わせて、オリジナルプログラムを作成します。

食事に関しては、カロリー制限だけではなく、糖質制限(糖質、炭水化物の摂取量を減らすことにより、)を組み入れます。

運動に関しては、短時間でいつでも行え、効果の上がる方法を取り入れています。
例えば、体幹筋トレーニング、脂肪燃焼効果を高める運動、呼吸法、ウォーキングなどを組み合わせます。1分からでも出来る運動を一緒に行いましょう。

私が目指すダイエットは、無理をしないで継続でき、リバウンドなく、体調までも良くするような指導を行っていきます。
目安としては、2~4週間程度では効果が出てきます。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加