せたがや内科・神経内科クリニックBlog



気象病と気圧の関係について

2017年10月2日 19:09更新
専門外来コラム


気象病の中でも気圧が最も重要な要因となります。

そのため、今日は気圧の話しをしていきます。

 

気圧(大気圧)というのは、地球の表面を覆っている空気の圧力です。ほぼ1気圧の中で私たちは生活しています。普段の生活ではあまり感じることはありません。

しかし、1平方㎝あたりの面積に約1㎏、1平方mに換算すると10tの重さが加わっています。体には何トンもの圧力が加わっていますが、つぶされることはありません。これは、外からの圧力と体内からの圧力が釣り合っているからです。バランスを保っているため、気圧が変動すると、体もその影響を受けます。

 

気圧は体のどこで感知しているのでしょうか?

気圧は、耳の奥にある内耳で、感知していると報告されています。

内耳は、三半規管と蝸牛(カタツムリの形をしている)から成り立っております。図は、気象病外来のページを参照されて下さい。

飛行機に乗ったりして、高度が変化する(気圧の変化)と耳の調子がおかしくなるのが分かりやすい一例です。

 

気圧の変化→内耳で感知→内耳につながっている前庭神経(平衡感覚に関係している)→脳。

その後、脳→視床下部に中枢がある自律神経(交感神経や副交感神経)のバランスが崩れる→様々な症状が出現。

というような流れになっています。

 

このように目に見えない気圧の変化を内耳で感じているわけです。

その気圧の変化に敏感な方は、気象病の症状が出やすくなります。

 

また明日以降に、続きを載せていきます。

 



気象病について

2017年9月30日 07:36更新
専門外来コラム


当院で気象病に対しての治療を行っています。

気象病とは正式な病名ではありません。気圧の変化、温度、湿度の変化などの気象状態の変化により、様々な体調不良が起きます。

・めまい

・吐き気

・頭痛

・肩こり、首こり

・全身倦怠感

・朝布団から起きられない

・関節痛

・手足のしびれ

・血圧の変動

・動悸がする、胸苦しい感じがする

・気持ちが落ち着かない、不安になる、うつ症状が強くなる

・気管支ぜんそくの増悪、目のかゆみや、アレルギー性鼻炎など

このように多岐にわたる症状が出現します。

当院で、気象病を扱うようになって1年が経過しています。現在は、月に70-100名前後の新規の患者さんが来られるようになりました。上記の代表的な症状も組み合わせている患者さんが多く見られております。

 

ご自身の体調変化が気象情報に左右されることがあれば、気象病を疑ってもみても良いでしょう。

 

次回以降のブログでさらに説明をさせて頂きたいと思います。

 

昨日位からは、アレルギー性の症状で受診される方が多いですね。近くに多摩川があることで秋の花粉症や、ダニやカビが繁殖も原因となっていますので、注意が必要です。



今日からは天候に恵まれそうです

2017年9月29日 07:49更新
週間天気・予報


昨日は、1日雨が降っている状態でした。そのため、めまい、頭痛、全身倦怠感、朝辛くて起き上がれないなどの症状の方が、多く受診されました。

症状の強い方ほど、気圧の下がり始めから、体調不良が起きていました。

今日からは、気圧も安定している日が続くようなので、体調管理はしやすくなります。

 

 



本日よりblogを始めさせて頂きます

2017年9月28日 09:02更新
その他


こんばんは。本日よりblogを始めさせて頂きます、せたがや内科・神経内科クリニックの院長 久手堅です。
自律神経失調症、頭痛、肩こりなど、お子様からご年配の方まで辛い症状でお困りの方の為に少しでもお役にたてる情報をアップできればと思っております。
本日の天気は雨です。気圧が低くなり体調に変化がある方もいらっしゃると思いますが、お気を付けて。



7 / 7« 先頭...34567

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Blogメニュー


▶Blogトップ

アーカイブ