起立性調節障害と気象病の関係について



起立性調節障害と気象病の関係について

【2017年10月24日 10:23 AM更新】


久しぶりの晴天ですね。

 

今日10/24火曜は天気が良く高気圧となっています。気象病の方は、今日は一安心かと。

しかし、明日は、また雨予報です。ご注意を。

 

起立性調節障害と気象病について話しをしたいと思います。

 

 

起立性調節障害 (Orthostatic Dysregulation:以下OD)とは以下の診断基準を満たします。

 

ODの症状

  1. めまい、立ちくらみが起きやすい
  2. 起立時の気分不快、意識消失が起きやすい
  3. 座位や立位での動悸や息切れが起きやすい
  4. 起床できず、午前中は調子が悪いが起きやすい
  5. 顔面の血色不良が起きやすい
  6. 入浴やストレスで体調不良が起きやすい
  7. 食欲不振、吐き気が起きやすい
  8. 腹痛、下痢が起きやすい
  9. 倦怠感が起きやすい
  10. 頭痛が起きやすい
  11. バス酔い、電車酔いなど乗り物酔いをしやすい

 

これら11項目のうち3つ以上に当てはまり、下記のサブタイプのいずれかに一致することで診断されます。

 

ODサブタイプ

  1. 起立直後性低血圧:起立直後に強い血圧低下があり、立ちくらみを訴えます。
  2. 体位性頻脈症候群:起立後の血圧低下はありませんが、頻脈、めまい、ふらつき、頭痛、呼吸苦などを訴えます
  3. 神経調節性失神:起立中に収縮期血圧、拡張期血圧ともに低下して、失神となります。貧血症状と似ています。
  4. 遷延性起立性低血圧:起立後数分経ってから血圧が徐々に下がってきます。

 

 

気象病の方で、布団から起き上がれない、朝の全身倦怠感が強いという方がいます。

起床時には、通常は交感神経が優位となって、問題無く起き上がれます。しかし、ODや気象病の方は、起床時に副交感神経が優位となっています。

そのため、OD+気象病の方が多いのが実際です。両疾患とも自律神経が乱れていることが原因となっているため、オーバーラップしていると考えます。

OD+気象病の方は、より症状が重い傾向があります。そのため、不登校や出勤困難が続いて、日常生活に支障をきたす場合が多いです。

ODは成長期により頻度が高くなりますが、デスクワーク+スマホの時間が長い女性の方にも多く見られています。

当院では、体位性頻脈症候群の方が多いです。

 

ODと診断され、治療を受けていてもあまり改善していない方は、気象病の治療を行うことで良い結果が見られています。

 

 

 

 





前へ:«
次へ: »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Blogメニュー


▶Blogトップ