寒暖差疲労、冷え性の対策に対して



寒暖差疲労、冷え性の対策に対して

【2017年10月16日 8:06 AM更新】


この時期に、こんなに冷え込むと急に体調が悪くなりますのでご注意を。

 

前回のブログで書きました寒暖差疲労についての、対策についてです。

10/13金曜日のNHKニュースウォッチ9さんで少しお話させて頂きました。

 

寒暖差疲労は、エネルギー消費が強くて、続くと冷え症状がでます。

 

冷え症は、四肢→腹部→体全体と3段階に分かれています。

細かい説明:

  1. 手足の冷え(末梢血管が収縮して冷えを感じます):症状としては手足の冷えが多くなっています。
  2. 内臓の冷え:下半身の冷えが、骨盤からまできます。症状としては、胃腸系、泌尿器系、婦人科系などの症状がでてきます。
  3. 体全体の冷え:ここまで来ると、全身倦怠感、めまい、ふらつき、頭痛、不眠、イライラ、不安などより様々な症状がでてきます。  

 

寒暖差疲労、冷え性対策:

 

①体を外から暖める:

・ぬるめの38-40℃位のお湯に、肩までしっかりとつかる。時間は10分程度。

・暖めるポイント、手首、足首、首、両側肩甲骨の中心の4つが、よりポイントの場所です。

・両側肩甲骨の間に、洋服の上から張るタイプのカイロを使うのも一つです。低温火傷には注意が必要です。

・寝具をしっかりと使う。その際に、重要なのは、首を冷やさないようにすることです。

・服を厚めにする、一枚羽織る。特に首肩周りは、冷えやすいので、スカーフやマフラーを使用すると良い。

 

②体を中から暖める:

・体を冷やす食材を取り過ぎない。野菜では、夏野菜は体の冷やす性質を持つ物が多い胃。

・しっかりと噛む、ゆっくり食べる。一口入れて、咀嚼は20回位で。

・冷たい飲物は避ける。暖かい飲物をこまめに取る。

 

③体を軽く動かす:

激しい運動は必要ありません。筋肉疲労が強く残るのは避けた方が良いです。

・軽い筋力トレーニング、スクワット

・階段を使う。一駅分歩く。ウォーキング20分程度

・全身のストレッチ

 

④睡眠をしっかりと取る:

 

⑤呼吸方法:副交感神経優位にするためです。

・ゆっくりと深い呼吸を行う。胸式呼吸でも、腹式呼吸でも出来る方法で。 

・3秒で吸って、3秒止める、6秒で吐いて、3秒止める。×4セット。

 

参考にされて下さい。





前へ:«
次へ: »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Blogメニュー


▶Blogトップ